50代の片付けと暮らし

2020年夏、手放したのは7分丈のパンツ

 

コロナ自粛してるうちに、すっかり季節が変わってしまいましたが、ろくに服の入れ替えをしてなかったんです。

春と夏の服が混在しクローゼットはごちゃごちゃ。

ハンガーが足りなくなるので、まだ出してない夏服もあったりして。

そうこうしてるうちに、夏が終わってしまいそうなので、重い腰を上げることにしました。

 

2020年夏に処分した服

 

今まで相当数を処分してきたと思っていても、まだまだ「着ない服」って出るもんですね。

 

2020年夏に手放した服

パンツはこちらの7点。

去年、あとほんの少し痩せればキレイに穿けるから。と残しておいたものなんですが、2020年のボディは「ほんの少し」なんて生易しい状態ではありませんでした。

私、すくすく育っているようです!

いずれも完全にサイズアウト ><

 

7分丈が3点、5分丈?(ひざ下)が1点あるんですが、もう何年も穿いてなかったのに、なぜ後生大事にとっておいたんだろうかと。

 

ガウチョパンツを処分したときにも同じことを言ってた気がします。

2019年断捨離したガウチョパンツの画像
ガウチョパンツを断捨離して感じたのは『年齢に応じた断捨離』でした こんまりさん流の、全部1ヶ所に集めて一気に捨てる! なんてエネルギーは持ち合わせてないので、季節の変わり目ごとに少しずつ見...

 

街を歩いてても、中途半端丈のパンツを穿いてる人なんてもう見かけません。

流行に左右されない年齢になりましたが、コートとボトムスの丈だけは「旬」を押さえていないと、途端に野暮ったく見えてしまうから不思議です。

 

2020年夏に手放した服

他には、デザインが可愛すぎて、顔が追い付かないトップス。

 

 

2020年夏に手放した服

それと、トップスともワンピースとも言いづらい服。

今回はこれらを処分しました!

 

手放す基準の悲しい現実

 

手放す基準にも個性があって、気分転換するためとか、過去と決別するためとか、それぞれに意味があると思いますが

50代に入ってから私の手放す基準は、基本的に「入らない」というものであります。

なんと悲しい現実でしょうか。

 

50代、体型の崩れをナメてました! 私はずっと、油断すると痩せてしまうタイプだったんです。 友達にその話をするとなんて羨ましいことかと言われましたが、40代半...

 

いずれにせよ、少しクローゼットの中に余裕が生まれました。

ただ、服を買いに行っても「これ!」というものになかなか出会えないのも、50代の悲しい現実なんですよね。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST