50代の片付けと暮らし

コロナ禍でのお葬式。

 

以前少し触れたのですが、義父が体調を崩してしまったんです。

コロナの影響で、施設でも入院先でも思うように面会できない最中のことでした。

 

これもコロナの影響!?義父が急激に弱る。 義父が年末から入退院を繰り返し、いよいよ一人での生活が困難になったため、施設に入居することになりました。 ところが暫くして...

 

ほとんど食事が摂れなくなった84歳の身体には、元気に回復する体力など残っておらず、最後に会えたのはもう意識が無くなってからで…。

良くなる兆しが見えないまま、先週静かに息を引きとりました。

 

コロナ禍でのお通夜・告別式

 

コロナ禍でのお葬式において気を付けたのは以下のことです。

  • なるべく小規模にする
  • 通夜振る舞い・精進落としの会食を行わない
  • 親族への連絡時、参列を控えても構わない旨を伝える
  • マスクの準備

 

参列者の7割は親族だったんですが、親族と言ってもほとんど義父義母の兄弟関係なので、高齢の方も多く心配です。

こんなご時世ですので、参列を辞退頂いても構わない旨を伝えてましたが、蓋を開けてみると皆さんお越し下さっていました。

最終的にお通夜に参列頂いた方は20人強だったでしょうか。

告別式はその半分の人数でした。

 

葬儀会場の入り口に消毒液は置いてましたが、マスクは無かったのでこちらで用意しています。

 

会食を行わない葬儀

 

親族でも、誰かの葬儀でしか顔を会わせる機会がなくなりつつあります。

通夜振る舞いで、故人を忍びながら昔話をする意義は大きいと思いますが、コロナ禍で会食を行うという選択はできませんでした。

 

もしものことを考えて大きな寿司桶は頼んでましたが、杞憂に終わっています。

お通夜が終わり次第、皆さん気を遣って下さり足早に帰られました。

 

小規模のお葬式にすると会場も小さくなるので、どうしても密になりがちなんですが、葬儀という特性上しめやかに進行しますので、会食を伴わなければそれほど心配することはないかと感じました。

マスクも着用したままでいられます。

 

ユリの花のイメージ画像

 

20年前に義母を亡くした際、家族葬ではなかったため参列者の列が途切れず、通夜振る舞いも長時間にわたった記憶があります。

お線香の火を絶やさないよう斎場に泊まり込み、夫の仕事関係の方々に挨拶をし、何より慣れない和装で給仕に勤しみ、葬儀が終わった時には精も根も尽き果てた。という感じでした。

 

それから20年。家族葬が主流になりつつある上、コロナ禍での葬儀は、義父に申し訳ないほどあっけなく進みましたが

その分、家族で義父のことを想う時間は取れたように思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST