大人の趣味さがし

【京都の町家】藤野家住宅が9月だけ特別公開されています。

 

旧九条家庭園(拾翠亭)へ行く予定だったので、すぐ近くで特別公開されている、文化財『藤野家住宅』へも立ち寄ってみました。

9月1日(日)から30日(月)の1ヶ月間だけ公開されてるとのこと。

 

国登録有形文化財『藤野家住宅』

 

大正15年(1926)に建てられた数寄屋風の京町家です。

京町屋の定義は、昭和25年以前に建てられた家を指すそうです。

 

京町屋・藤野家住宅の外観の画像

 

大正時代から普及したという、高い塀で囲まれた『大塀造り』

間口は約10mなのに対して、敷地の奥行きは約40m、いわゆる鰻の寝床といわれる造りでした。

 

中庭

京町屋・藤野家住宅の中庭の画像

 

奥には蔵があります。

隣の家との間に蔵を造るのは、火事になったとき燃え広がらないようにするためなんだそう。

 

町家にはこれ以外にも様々な工夫が施されていて

 

奥に細長い建物なので、光と風を取り込むために坪庭を造るんですが

大塀造りの町家は高い壁で覆われるため、より風が通るように坪庭を2つ以上造るそうです。

 

暑い暑い京都の夏

襖を外して葦戸(よしど)に替え、畳の上にはひんやり冷たい網代(あじろ)を敷きます。

 

伺った日の気温は33℃でしたが、建物の中は心地よく風が通り、それほど暑さを感じませんでした。

 

京町家『藤野家住宅』の室内、箱階段の画像

 

限られた空間を有効活用する、箱階段。

階段下を収納場所に変えてしまう、知恵と工夫の極みです!

 

二階の部屋。

京町屋・藤野家住宅の2階部屋の画像

 

レトロなスイッチ。

京町屋・藤野家住宅の古いスイッチの画像

 

精工舎の掛け時計。

京町屋・藤野家住宅の古い時計の画像

 

京町家・藤野家住宅まとめ

 

藤野家住宅には今も住んでいる方がいらっしゃるそうです。

家って人が住まなくなると途端に朽ちてしまうので、守る方がいてくれるからこそ保たれるもの。

100年近く前に建てられた住宅を、こうして拝見させて頂けるありがたみを感じました。

 

 

私が伺ったのは平日でしたが、次から次へと来場される方が後を立たなかったです。

1階に一人、2階に一人、ガイドの方がいて案内をして下さいますので、分からないことが有れば質問も可能でした。

 

くま
くま
必ず靴下を着用してね!

 

公開時期 2019年9月1日~9月30日
受付時間 10:00~16:30(16:00受付終了)
アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町駅」徒歩5分

京阪「神宮丸太町」神徒歩15分


 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST