50代の悩み

50代女性の【若くありたい願望】はそんなに単純じゃない!

 

少し前に知ったんですが、セサミンのCMを見て『気持ち悪い』と感じる人が続出したそうなんです。

上川隆也と伊藤ライムが同級生という設定。

ツッコミどころは満載なんだけど、ともかくいい歳したお母さんが、久しぶりに会った上川くんにときめいて、何かが起こりそうな中年の生々しさを連想させ、ゾワッとなったもよう。

 

それを踏まえて見直してみましたが、まさに同年代の私、それほど嫌悪感は抱きませんでした。笑

シングル同士の設定に見えるし(息子しか出てこない)

むしろ上川くんと焼け木杭に火が付き、ボーボー燃えさかるなんて羨ましい限りなんですけどっ。笑

 

高校時代の若さが欲しいわけじゃない

 

そんなセサミンのCMがリニューアルしたようで最近よく流れています。

永遠の青春を目指してるという上川くんは、相変わらずカッコイイ!

でも、放課後の写真を差し込んだりして、やっぱりどこかズレてるんですよね。

求めてる『若さ』の方向性が違うというか。

 

そもそも、50代の皆さんって、高校時代の若さを取り戻したいのかな?

あんなにキラキラ眩しくて清らかな場所、もう近付くのもおこがましい気がするんですが。笑

 

『若さを取り戻したい』のではなく『老けたくない』50代

 

きっと、後期高齢者になろうかという頃には、『若さを取り戻したい!』と願っているような気がします。

でも50代は微妙で、『若くありたい』というより、『老いたくない』という気持ちの方が強いと思うんです。

健康面も含めて。

 

若さを取り戻したいという願望より、日に日に衰えていく自分への狼狽とでも言いましょうか。

少しでも老いに抗いたい、と云うのが50代の本音ではないのかなあ。

 

50代、体型の崩れをナメてました! 私はずっと、油断すると痩せてしまうタイプだったんです。 友達にその話をするとなんて羨ましいことかと言われましたが、40代半...

 

50代女性が意識するのは男性の目ではない

 

それと、件のセサミンCMで気になったのは

若くありたいと思う原動力や、おしゃれをする目的が、『上川くん』に対してだということが、イマイチ腑に落ちないんですよね。

 

確かに昔はそうだったかも知れないけど

50代になった今、私たちを突き動かす最大の要因は、同じ女性からの視線だと思うんです。

 

同年代女子で集まったとき、自分だけ老けてると感じることほど、悲しいことはありません。

同窓会に上川くんが来るか来ないかでテンションは変わるけど、上川くんにいつまでも変わらないと思われることなんて、それらのオマケでしか無いのです。

 

 

バービーのイメージ画像

 

おしゃれだってそう。

 

若い頃は、男性の目を気にして画一的になってたファッションだけど

歳を重ね、自分がどうなりたいか分析することで、個性が出るし円熟味が増すんじゃないかなあ。

なんて思いました。

 

CMの内容は見当違いですが、上川くんはどのシリーズもバッチグーなので、サントリーさんには感謝です!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ