50代からの京都寺院巡り

京都の寺院【詩仙堂丈山寺】クチナシが香る梅雨の季節がオススメ

 

早秋・冬・梅雨と、それぞれ違った3つの時期に行ってきました。

どの時期に伺ってもお庭は美しくて、人気の理由が分かります。

個人的には、くちなしの花が咲いている6~7月がおすすめです!

 

詩仙堂の入り口の画像

 

拝観料:500円

 

詩仙堂とは

 

元々は、武将であり文人でもある石川丈山が、江戸初期に造営し、終の棲家とした山荘(凹凸窠)でした。

狩野探幽に描かせた三十六詩仙の肖像画を掲げたことから、詩仙堂と呼ばれるようになったそうです。

現在は禅宗の寺院となっています。

 

詩仙堂の庭園

 

詩仙堂の庭園の画像

詩仙堂の庭園は、なんと言ってもこの眺め!

ポコポコと見事に刈り込まれたサツキが印象的でした。

上の写真は今年の7月に伺ったときのものなんですが、ソーシャルディスタンスを意識してなのか、青い毛氈が市松模様のように敷かれていました。

 

詩仙堂の庭園の画像

こちらは12月に伺った時の写真です。

比べてしまうと少し寂しい感じがしますが、サツキの刈込がメインなので、冬でも見応えがありました。

 

初めて詩仙堂へ行ったとき、外国の方が20人ほどこの畳の上で寝転んでいて、圧倒された記憶があります。

ま、それぐらい心地良かったっていう証拠ですね!

 

詩仙堂の庭園のくちなしの画像

回遊式庭園へ出てみると、クチナシが沢山の花を付けていました。

良い香り~。

キンモクセイ・ジンチョウゲと並んで「三大香木」と言われるほど香りが強いクチナシ。

リラックス効果があるという甘い香りが、ふわふわと漂っていて、なんと書院まで届いてたんです。

 

詩仙堂の鹿威しの画像

詩仙堂が発祥の地と言われている「ししおどし」。

かこーーーーん!かこーーーーん!と高らかな音を響かせています。

 

詩仙堂の回遊式庭園の画像

四季折々の草木や花が楽しめる庭。

 

詩仙堂の庭園にある可愛いお地蔵さんの画像

奥には、こんなに可愛いお地蔵さんが迎えてくれました。

 

クチナシの香りが優しく届く書院で、ゆっくりとお庭を眺められる梅雨の時期が、個人的にはおすすめです^^

 

詩仙堂の詳細情報

 

拝観時間 9:00~17:00
拝観料 500円
拝観休止日 5月23日
お問い合わせ 075-781-2954
住所 京都府京都市左京区一乗寺門口町27
アクセス 叡山電車「一乗寺駅」徒歩約15分
公式ホームページ https://kyoto-shisendo.net/


 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST