50代からの京都寺院巡り

寺院の庭園【青蓮院】高い格式を誇る凛とした寺院

 

座ってのんびり庭園が眺められる:

 

四条からポツポツ歩き、知恩院と円山公園を抜けると青蓮院に辿り着きます。

 

青蓮院門跡の門と楠の画像

写真右手に見える大きな大きな楠は、境内の周りに5本植えられているんですが、樹齢はなんと約800年!

あの親鸞が植えたと伝えられていて、大きいものは26mもあるんだそう。

いずれも天然記念物に指定されています。

 

拝観料:500円

 

青蓮院門跡とは

 

始まりは、最澄が比叡山延暦寺を開くために造った僧侶の住居の一つでした。

平安時代末期、鳥羽上皇が第七皇子を行玄の弟子として入寺させ、現在の地(粟田口)に殿舎を造営。

それ以降、門跡寺院として発展してきた非常に格式高い寺院です。

ひよこ
ひよこ
門跡寺院とは天皇家・摂関家の子弟が出家して門主(住職)を受け継いできた寺院のこと。

 

 

天台宗の三門跡寺院(青蓮院・三千院・妙法院)の一つ。

曼殊院・毘沙門堂を加えて、五箇室門跡とも呼ばれています。

 

1788年(天明8年)、天明の大火により御所が炎上したため、後桜町上皇の仮御所として青蓮院が用いられました。

そこから粟田御所とも称されています。

 

青蓮院門跡の庭園

 

青蓮院門跡の三十六歌仙額絵と木村英輝の襖絵

客殿である華頂殿へ立ち入ると、まず三十六歌仙額絵と襖絵が迎えてくれます。

蓮がダイナミックに描かれた襖絵は、壁画絵師である木村英輝さんが2005年に手掛けたもの。

 

そして、その先には何とも美しい光景が広がっていました。

 

青蓮院門跡の華頂殿から見た庭園の画像

目の前に広がる庭は、室町時代に相阿弥が作庭したとされる『相阿弥の庭』です。

相阿弥は足利家に仕えた画家なんですが、絵画はもちろん、庭園の造営・香・歌・茶道など多彩な才能の持ち主。

銀閣寺や龍安寺の庭園も手掛けたと言われています。

 

別角度から。

青蓮院門跡の祖阿弥の庭の画像

粟田山を借景とした池泉回遊式庭園で、赤松がとっても印象的!!!

門跡寺院らしい?はんなりとした雰囲気を漂わせていました。

相阿弥の庭の北側には、江戸時代に活躍した小堀遠州が作ったと伝えられている『霧島の庭』があります。

 

 

青蓮院門跡の宸殿前庭の画像

こちらは宸殿前庭。

華頂殿から見える庭とは全く趣の違う庭が広がります。

シンプルな苔庭。

実はこの苔庭、元は白砂敷だったそうですが、長年放置してたら苔が生えたんだとか!

雛人形でも飾られる『右近の橘』と『左近の桜』が配されていました。

 

青蓮院門跡の宸殿前庭の右近の橘の画像

3月に行った時には、橘がたくさん実を付けたんですー!

 

 

門跡寺院は、宗派の考え方が様々なところに出ているんだそう。

私にその違いが分かる日がくるのでしょうか!?

 

青蓮院門跡の詳細情報

 

拝観時間 9:00~17:00
拝観料 500円
拝観休止日 なし
住所 京都府京都市東山区粟田口三条坊町69−1
お問い合わせ 075-561-2345
公式サイト http://www.shorenin.com/
アクセス 地下鉄東西線『東山駅』徒歩約5分
京阪電車『三条駅』徒歩約10分

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST