50代の片付けと暮らし

詰め替えるとおしゃれなシンプル容器の洗濯洗剤、選んだのは黒いボトル

 

100均でもシンプルな詰め替え用ボトルが販売されるようになり、商品を選ぶときの幅が広がりました。

賞味期限や衛生面を細かく管理しなくてはいけない調味料の詰め替えに比べて、洗剤は手軽に扱えるので、ものぐさな私でも導入できています。

 

並べたシンプルな洗剤容器の画像

 

容器の統一感があると気持ちいい!

ということで今日は、今までの詰め替え容器遍歴と、結果いま使っている詰め替え容器について振り返りたいと思います。

 

詰め替えに使えるシンプル容器の洗剤

 

シンプルな洗剤ボトルの画像

写真左から

  • Fabrush(ファブラッシュ)柔軟剤
  • セブンプレミアム衣類の濃縮液体洗剤
  • Laundrin(ランドリン)柔軟剤
  • 100均の詰め替えボトル

 

ファブラッシュのボトルは、プラスチックの質感はよいのですが、ラベルを外しました感が否めないのが難点。

セブンプレミアムのボトルは、400㎖と容量少なめなので、他と比べると小まめな入れ替えが必要。

ランドリンのボトルは、形大きさ共に良いんですが、ブルーの液体を入れると若干透けてしまいます。

100均のボトルは、手軽に買えるんですが、結構透けます。ランドリンより透ける。

 

シンプルな洗剤ボトル透け感の画像

逆光で撮ってみると、右へいくほど透けてるのが分かります。

今ではもっと厚みのあるボトルが販売されてますが、当時はこれしか無かったので、また別の容器を探すことになりました。

 

ずっと使ってるお気に入りの黒い詰め替えボトル

 

目先を変えて黒いボトルにしてみたところ、結果、いちばんのお気に入りになっています。

 

シンプルな黒い洗剤ボトルの画像

写真左から

  • FULLERY BOTANICAL(フレリーボタニカル)柔軟剤
  • COLONY(コロニー)2139 洗濯用洗剤

 

フレリーボタニカルのボトルは、隣のコロニー2139のボトルと同じように見えますが、容量600㎖なので少し太っちょ。

どちらも黒なので安っぽく見えません。

 

COLONY2139の洗剤ボトル透け感の画像

普通に使ってる分には、洗剤が透けることはほとんど無いのですが、実は光にかざすと白い容器より透けるんです。

ただ、洗剤の青に深みが増して意外と綺麗なので、これはこれで気に入ってます。

 

COLONY2139では詰め替えボトルだけも販売してるんですが、お値段なんと518円(税込)!!!

高ーーーい!!!

ご購入される際には洗剤入りがオススメです\(^o^)/

 

 

白いボトルはもう使ってないのに、ナゼか捨てられなかったんですが、思い返して懐かしんだことで心置きなく成仏させられそうです!

お付き合いありがとうございました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

RELATED POST