50代の悩み

Twitterの「誰か」に救われた話。

 

「今」を知るにはTwitterが一番のツールなので、去年の大型台風に見舞われた際も、情報収集するのに大変役立ちました。

ただ匿名性が高くネガティブなイメージがあったので、積極的に活用してなかったんです。

ところが先日、めちゃくちゃ助けられた一件がございまして…。

 

 

阪神高速を走ってた時、どうやら事故渋滞に巻き込まれたようで、数珠つなぎの列がピタリと動かなくなったんです。

状況が掴めないまま、30分経ち、1時間が経ち。

喉はカラカラ

お腹もペコペコ

 

で、思わずつぶやいたんです。

いつになったら動くのー!と。

そしたら見ず知らずの方からリプが届いたんです。

 

 

「まだこんなんです」という言葉と共に、なんと事故状況の写真が!

そこには2車線に渡ってゴロリと転がったトラックと、作業にあたる方々の姿がありました。

しかも事故を起こした運転手さんは、軽い脳震盪と打撲のみで無事だという事まで教えて下さったんです。

 

神。

 

写真を見る限りまだまだ掛かりそうですが、状況が読めた途端、穏やかな気持ちで待てるから不思議です。

 

ところが

 

何となく

 

トイレに行きたいなあって考えが頭をよぎりまして。

気を紛らわせることが出来ない状況の中、一度よぎった考えはどんどん頭の中を埋め尽くします。

 

あかん。

 

とりあえず夫にラインしたところ「バケツ積んでないの」と返事が。

さすが夫。的確なアドバイスをくれたもんです。

バケツはありませんが、昨今のレジ袋有料化のため、イケアのショッピングバッグを大中小と3種類積んでるではありませんか!

いざという時に備えて、トランクから助手席へ移しました。

 

そうこうしてると、神からリプが!

 

 

キターーーーーー。

「あと30分くらいで開通するようです」

何度も読み返して、「あと30分」と自分に言い聞かせながら待ちます。

 

30分が経ち

もう

ダメかも。

窓から顔を出し、池の鯉のように口をパクパクさせてた時、神からリプが届きました。

 

 

 

「そろそろかな??」

大方片付いた写真も添えられてました。涙

 

ここで我に返ります。

そう、私はいい年をしたマダム。イケアのショッピングバッグをタプタプにする訳にはいかないんです。

 

程なくして車が動き出し、なんとか事なきを得ました。

 

 

という何とも美しくない話で申し訳ないのですが、状況が分からなかったらきっと、車の中で大惨事を招いたことでしょう。

ゾッとします。笑

 

Twitterの「名も知らぬ誰か」に助けて頂き、こんな使い方もあるんだと1つ勉強になった53歳夏。本日はこの辺で失礼いたします。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST