50代からの京都寺院巡り

京都の寺院【華厳寺(鈴虫寺)】和尚さんの説法と1つだけの願いごと

 

美容室で「お寺巡りにハマってる」と話したところ、美容師さんから「鈴虫寺がオススメです!」と聞いてたので、ずっと行きたかったお寺なんです。

 

鈴虫寺の入り口の画像

 

鈴虫が鳴くなか和尚さんの説法を聞き、1つだけ願いを叶えてくれるお地蔵さんが居て…と、なんとも女子が好きそうな場所でした!

ただ私は、静寂閑雅なお寺が好きなオババ。

ちょっと感覚の相違があったようです。笑

 

拝観料:500円

 

華厳寺(鈴虫寺)とは

 

華厳寺は、一年中鈴虫の鳴き声を聞くことが出来ることから「鈴虫寺」と呼ばれるようになったんだそうです。

1723年(享保8年)、学僧として知られる鳳潭により創建されました。

 

いざ華厳寺(鈴虫寺)へ

 

鈴虫寺の外観の画像

普段は行列が出来ているようですが、コロナの影響で旅行客がいないため、並ばずにスッと入れました。

係の方に案内され書院へ入ります。

中は撮影禁止。

長机がいくつも並んでいましたが、人の入りは4割程度でしょうか。

 

この書院で、1時間毎に和尚さんの説法があり、ドッカンドッカン笑いが巻き起こるそうなんですが、私が行ったときの和尚さんは、淡々とお話するタイプでした。

ただそのお話が、殊のほか心に響いたので、また別の記事にしたいと思います。

↓↓↓

スマホの画像
人生で大切な3つの言葉。鈴虫寺の説法より 先日、鈴虫寺でご住職の説法を聞いてきました。 https://60perlife.com/kegonji-suzumush...

 

鈴虫寺のお菓子 寿々むしの画像

お茶と「寿々むし」というお菓子が用意されてました。

和尚さんが「寿々むしの黒い点々は鈴虫の粉なんですよ。」と。これは笑いをとってはりました。笑

 

先代の住職が、鈴虫の音色に悟りを感じて飼育を始めたそうなんですが、徹底的な温度管理のもと、今では1年中鈴虫が見られるんです。

書院には虫かごが9つ並んでいて、それぞれに鈴虫が50匹ほど入ってるとのこと。

ええ、もう鈴虫の大合唱です。笑

近づいてみましたが、虫かごにごっちゃり鈴虫がいてちょっと鳥肌ーー。笑

 

鈴虫寺の庭の画像

説法の後は、ほぼ一方通行のお庭をぐるりと回っておしまい。

 

鈴虫寺の幸福地蔵の画像

帰り際、1つだけ願いを叶えてくれる「幸福地蔵」にお願いをしてきました。

このお地蔵さま、珍しく草履を履いてらっしゃるんです。

願った人に付いてきて叶えてくれるんですって!

 

お願いをするには「幸福御守(300円)」を購入。

その御守を両手にはさんで、住所・氏名・願いごと(ひとつ)を心の中で唱えます。

 

実は説法の前半部分は、この御守の購入と幸福地蔵さまにお願いをする方法の説明でした。

商売っ気がすごいなあと思いながら

 

鈴虫寺のお守りの画像

もちろん買いましたけど。笑

もし願いが叶った暁にはご報告させて下さい。

こんなに文句言ってたら、幸福地蔵さまは帰ってしまってるかもですが。汗

 

華厳寺(鈴虫寺)の詳細情報

 

ひよこ
ひよこ
駐車場までの道は少し狭いのですが、上と下に警備員さんがいたので、難なく停めることが出来ました
拝観時間 9:00~17:00
拝観料 500円
お問い合わせ 075-381-3830
住所 京都府京都市西京区松室地家町31
アクセス 阪急電車「嵐山線松尾大社駅」徒歩約15分
公式ホームページ https://www.suzutera.or.jp/

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST