愛用品

四天王寺骨董市で買ってきた800円のお皿。

 

コロナによる外出自粛で、家ごもりを始めてから1ヶ月経とうとしています。

ずっと家にいると何だかモヤモヤ~っとすることもあるんですが、そんな時お香を焚くとちょっとした気分転換になるなあと感じ始めました。

さらに一役買ってくれてるのが、四天王寺骨董市で買ってきたお皿なんです。

 

四天王寺骨董市で購入したお皿の画像

きゅん。

 

今年の1月、ふらりと四天王寺骨董市に立ち寄ったんですが、夕方4時までのはずなのに2時半ごろからバタバタと店じまいが始まるんです!

四天王寺骨董市の様子と感想はこちら
四天王寺骨董市の食器の画像
四天王寺骨董市は毎月21日・22日。目利きへの道は果てしなく遠い 四天王寺骨董市は毎月21日と22日に開催されています。 21日は弘法大師(空海)の命日、22日は聖徳太子の命日と伝えられて...

 

慌てて駆けずり回って、真冬なのに汗だくになって、せっかく来たのだから何か一つは買って帰らないと!と、色合い&値段だけで決めたお皿。800円(600円だったかも)

 

 

家に帰ってよくよく見たら「これ何!?」っていう謎の物体が描かれてたりするんですが

天王寺骨董市で購入したお皿の画像

 

エリンギ?

まあでも色合いが好きなので良しとしています!

 

ZARA HOMEで買ってた、シノワズリな入れもの。

天王寺骨董市で購入したお皿の画像

 

このボックスにセットして、お香の受け皿として使っています!

天王寺骨董市で購入したお皿の画像

 

 

お花を飾る時とお香を焚くときは、整った部屋にしておきたいと云う思いがあるため、

少し片付けた部屋に、時折フワッとお香の香りが漂ってくる幸せなこと。

ありきたりですが、モヤッとしていた頭の中も心の中もクリーンになっていくのが分かります。

 

お香受けにしている天王寺骨董市で買ってきたお皿の画像

 

私は家にいるのが好きなので、外出自粛も厭わないと思ってたんですが、先日ほんの些細なことからイラっとしてしまいまして…。

自分が思ってるよりストレス溜まってるのかな?と思った次第です。

 

こういう状況になるとその人の本質が透けて見えるというか、言ってる事とやってる事が違う人がいたりして。

コロナが発端で価値観の違いが浮き彫りになり、人間関係にヒビが入ることもあるのだとか。

Twitter見てたら、この機会に友人関係を整理しよう、って言ってる人もいてビックリ!

 

些細なことでイライラしてる場合じゃないようです!

数えるほどしかいない友達。

整理されないよう気を付けなければ!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

読んだよ!の代わりにポチっと押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

RELATED POST