大人の趣味さがし

四天王寺骨董市は毎月21日・22日。目利きへの道は果てしなく遠い

 

※2020年9月は規模を縮小してですが、半年ぶりに骨董市が開催されるようです。

お彼岸月なので、9月19日〜25日まで1週間通して開かれるとの事。

 

四天王寺骨董市は毎月21日と22日に開催されています。

21日は弘法大師(空海)の命日、22日は聖徳太子の命日と伝えられているからなんだそう。

 

四天王寺の画像

 

入場料:無料

 

四天王寺とは

 

四天王寺が建立されたのは593年。

なんと今から1400年以上前、聖徳太子によって建てられた、日本で最も古い仏教寺院の一つです。

大阪夏の陣・大阪大空襲など度々焼失と復興を繰り返しましたが、創建当時の様式を忠実に再現していて、飛鳥時代の建築を今に伝える貴重な寺院です。

 

四天王寺骨董市の雰囲気

 

アンティークのものは、食器や雑貨、着物や古着、小さい家具などなど。

その他、日用品・食品・野菜・刑務所作業製品などお店は多岐にわたっていました。

そのためか若い方から年配の方まで幅広い年齢層の方が来られていて、海外の方も多いです。

 

四天王寺の参拝者休憩所の画像

好きな方は何時間でも居られると思いますが、簡単な休憩所(食堂)やトイレもありますのでご安心を。

 

四天王寺骨董市の盆栽の画像

最後まで買おうかどうしようか迷った盆栽。

小さいものは数百円からあるんです。

 

四天王寺骨董市の菓子の木型の画像

見ると必ず欲しくなる、和菓子の木型。

でも買ったとてどうする?と自問自答しながら泣く泣く諦めました。

 

四天王寺骨董市の食器の画像 四天王寺骨董市の豆皿の画像 四天王寺骨董市の食器の画像

食器は普段使いに良さそうなお手頃価格のものから、

すごく可愛いのに、可愛くないお値段のものまで様々。

値段を貼ってないものが多いので尋ねないとダメなんですが、思いのほか高くてスゴスゴと立ち去る時の気まずさは言葉では言い表せません><

是非とも値段貼って欲しい!

 

四天王寺骨董市の陶片の画像

陶片を扱ってるお店もありました。

 

四天王寺骨董市の李朝の食器の画像

李朝の渋い小物たち。

置いてるもの全て素敵なんですが、お値段もなかなかでした;;;

 

四天王寺骨董市で買ってきたものはこちら
お香受けにしている天王寺骨董市で買ってきたお皿の画像
四天王寺骨董市で買ってきた800円のお皿。 コロナによる外出自粛で、家ごもりを始めてから1ヶ月経とうとしています。 ずっと家にいると何だかモヤモヤ~っとすることもある...

 

外で開催されてるため、砂埃で汚れてるのか管理が悪くて汚れてるのか時代を経てきた証で汚れてるのか、それすら判断が付かないド素人にはやっぱり敷居が高く、目利きへの道は険しそうです。

掘り出し物どころか、高く買ってしまいそうでなかなか手が出ません!

そして商品の中には『レトロ』という名を借りた、ゴミにしか見えない品もあるんです!(言い方)

でも私にはゴミに見えても、誰かには探し求めた宝物かも知れない…。

ほんと奥が深い世界だなあと思います。

 

四天王寺骨董市の注意点

 

最後に行ったとき気になった点を。

 

■3時頃から片付け始める店も

本来は4時までなんですが、3時頃になるとボチボチ片付け始めるお店が出てきます。

 

■靴が汚れる

石畳ばかりでなく砂利の部分も多いので、いつの間にか黒い靴が白くなってました。

 

■外歩き対策を

私は5月と1月に行ってきたのですが、外なので日焼け対策・暑さ寒さ対策が必要です。

 

四天王寺骨董市の詳細情報

 

2020年2月から第2日曜日に『蚤の市』も開催されています。

こちらは骨董だけでなく、日用雑貨やフリマのブースもあるんだそう。

コロナがきちんと収束したら訪れてみたいです。

開催日 毎月21日/22日
開催場所 四天王寺 境内
開催時間 8:30~16:00
入場料 無料
住所 大阪市天王寺区四天王寺1 丁目11 番18 号
アクセス 地下鉄谷町線【四天王寺前駅】徒歩約5分
四天王寺公式ホームページ http://www.shitennoji.or.jp/

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポチっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

RELATED POST